借金解決図鑑

自己破産の後でオートローンを組みたい人が読む3つのポイント

自己破産をした後は、信用情報機関に登録されてブラックリスト状態になるため、オートローンなどの借金を新規ですることができなくなります。
しかし、信用情報機関に登録される期間は約5~10年間と決まっているので、この期間が過ぎればブラックリストは解除されます。
ブラックリスト解除後であれば、いくつかのコツを押さえて申請することで、オートローンを組みやすくすることが可能です。

自己破産すると一定期間オートローンが組めなくなる

自己破産をすると、ローン会社などが加盟している「信用情報機関」に自己破産の情報が登録されるため、いわゆるブラックリストの状態になり、オートローンなどのローンが組めなくなってしまいます。
しかし、信用情報機関に情報が登録されるのは約5~10年間と期間が決まっていて、この期間が過ぎてしまえばブラックリストが解除となり、再びオートローンを組むことができるようになります。

自己破産後にオートローンを組むならまず信用情報の開示請求を

自己破産後、約5~10年が経過してオートローンを組みたいと思ったら、まずは信用情報機関に信用情報の開示請求を行いましょう。
そうすることで、ブラックリストが既に解除されているかどうかを確認することができます。
信用情報機関には、JICC・CIC・JBA(KSC)の3種類があるので、それぞれに信用情報の開示請求をする必要があります。
JICCとCICはインターネット上での開示請求ができるほか、郵送または窓口でも開示請求を受け付けています。JBAは郵送のみの扱いとなっています。

自己破産後にオートローンを組みやすくなる裏ワザ

自己破産後にオートローンを組みやすくするには、クレジットヒストリーと呼ばれる信用情報の履歴を貯めていくことが有効です。
クレジットヒストリーはクレジットカードを使ってきちんと支払いをしていくことで貯められます。
また、オートローンを組むときにローン実績の多い販売店を利用するのも一つの手です。
ローン実績の多い販売店はローン会社にとっては得意先といえるので、審査が甘くなる傾向があるのです。

まとめ

自己破産をすると約5~10年間は信用情報機関に情報が登録されてブラックリスト状態になり、オートローンが組めなくなります。
この期間が過ぎればブラックリストが解除されますが、本当に解除されているかどうかを確認するためには、信用情報機関に信用情報の開示請求をする必要があります。
ブラックリストが解除された後は、クレジットヒストリーを貯めることで審査に通りやすくなります。
また、ローンを取り扱っている件数が多い販売店を利用するのも、審査に通りやすくなる裏ワザだと言えます。