借金解決図鑑

慰謝料は借金してでも払わなければならない?債務整理できる?

不倫をしていると相手の配偶者から慰謝料を請求されることがありますが、慰謝料が高額すぎて支払えない場合は借金してでも払わなければならないと思っていませんか?

ここでは、慰謝料が高額すぎるときに取ることができる対応として、減額・分割払いの交渉と債務整理について説明していきます。

慰謝料の支払いで借金する前に減額・分割払いの交渉を

慰謝料の相場というのは、相手が負った精神的苦痛の大きさによって数十万円~300万円程度となっています。

例えば、別居や離婚に至らない場合は100万円以下で済むこともありますし、別居や離婚の原因になった場合は150万円以上、子どもがいるのに不倫した場合や複数の不倫相手がいた場合は300万円程度にのぼることもあります。

まずは請求された慰謝料が相場から見て適切な金額であるかどうかを判断する必要があるということです。

もし不当に高額な慰謝料を請求されている場合は、弁護士に相談して裁判で争えば慰謝料が減額になる可能性があります。

また、自分の支払能力に対して慰謝料が高すぎる場合は、減額してもらったり分割払いにしてもらったりできるよう交渉するという方法もあります。

借金だけでなく慰謝料も債務整理できる

意外かもしれませんが、債務整理では借金だけでなく慰謝料も減額してもらうことができます。

債務整理で減額・免除とされない支払義務は非免責債権とよばれていますが、非免責債権としては税金や社会保険料に加え、自己破産する人が「悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償」や「故意または重大な過失により加えた人の生命または身体を害する不法行為に基づく損害賠償」としての支払いが含まれます。

不倫は悪意で加えた不法行為ではありませんし、故意または重大な過失によって人の生命や身体に危害を加える不法行為でもありませんので、不倫の慰謝料は非免責債権には含まれないのです。

まとめ

不倫による慰謝料の相場は数十万円~300万円程度であり、不当に高額な慰謝料を請求されている場合は裁判で争えば慰謝料が減額になる可能性があります。

また、慰謝料を支払えるだけの経済的な余裕がない場合は、慰謝料を減額または分割払いとしてもらえるよう交渉する方法もあります。

それでも慰謝料の支払いが苦しければ、個人再生や自己破産といった債務整理を利用することもできます。

借金してまで慰謝料を支払わなければならないわけではありませんので、まずは慰謝料問題を専門とする弁護士に相談してみるのがよいでしょう。