借金解決図鑑

自己破産しても作れるETCカードがあるって本当?

「自己破産するとクレジットカードが使えなくなるのでETCカードも利用できなくなる」という情報を目にしたことがある人は少なくないでしょう。
自己破産すると、信用情報機関に登録されてブラックリスト状態になるため、クレジットカードが使えなくなり、結果としてクレジットカードに付属しているETCカードも使えなくなります。
ここでは、クレジットカードが使えない間でも作れるETCカードについて説明していきます。

自己破産しても「ETCパーソナルカード」なら作れる

自己破産すると、カード会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて、いわゆるブラックリストの状態になります。
ブラックリスト期間中はクレジットカードを利用・作成することができなくなるため、クレジットカードに付属しているETCカードはすべて使えなくなってしまいます。
自己破産でブラックリストに載る期間は約5~10年間ですが、この期間は通常のETCカードは使えないということになります。
しかし、クレジット機能なしで作れる「ETCパーソナルカード」であれば、ブラックリスト中でも通常のETCカードと同じように高速道路で利用できます。

自己破産しても作れる「ETCパーソナルカード」とは

ETCパーソナルカードとは、クレジットカードの契約をしない人も使うことができるETCカードで、NEXCO東日本/中日本/西日本や首都高速道路などの高速道路会社が共同で発行しているものです。
ETCパーソナルカードを使うには、あらかじめデポジット(保証金)として2万円~8万円を預託する必要があります。
ETCパーソナルカードはプリペイドカードではなく、高速道路の利用料を1カ月単位で引き落とすカードであるため、デポジットは高速道路の利用料を支払うためには使えません。
ETCパーソナルカードを作りたい場合は、サービスエリアなどにある申込書を使うか、ETCパーソナルカード事務局に電話して申込書を取り寄せて、申込書に記入のうえETCパーソナルカード事務局へ郵送すればOKです。

まとめ

自己破産をするとクレジットカードが使えなくなるのでETCカードも利用できなくなりますが、クレジット機能なしで使えるETCパーソナルカードであれば、自己破産後のブラックリスト期間でも作れるので便利です。
ETCパーソナルカードは、申込書に記入してETCパーソナルカード事務局に郵送し、2~8万円のデポジットを支払えば、誰でも簡単に作れるETCカードです。