借金解決図鑑

借金をする意味とは?良い借金と悪い借金の違い

借金は悪いものだと思っている人は多いですが、住宅ローンや自動車ローンを利用する人はたくさんいますし、借金して投資や事業を行う会社はたくさんあります。

ここでは、どのような借金が良い借金でどのような借金が悪い借金なのかを説明していきます。

自分の将来に意味のある借金は良い借金

良い借金と聞いてすぐに思いつくのは、自宅を買うための住宅ローンや車を買うための自動車ローン、高額医療費をまかなうための医療ローンなどではないでしょうか。

こうした借金は、より良い生活を目指すために必要だったり、自分の生活を守るために必要だったりする借金です。

また、借金をして資格を取り、キャリアアップして収入が上がったとしたら、資格取得のための借金も良い借金だといえるでしょう。

このように、あなたの将来にとって意味のある借金であれば、良い借金だと考えて差し支えないのです。

将来にとって意味のない借金や返せない借金は悪い借金

逆に、悪い借金とはどのようなものかというと、ギャンブルや浪費など一時の楽しみのためだけに借りたお金のことです。

パチンコをするために借金をしたり、ブランド物のバッグを買うために借金をしたりといったことは、将来にとって意味のある借金だとはいえません。

また、上述の良い借金でも、返す見込みがまったくないのに借金をしてしまうと、かえって自分の首をしめることになってしまいますので、それも悪い借金だといえます。

借金をするときは自分の返済能力を考え、無理のない範囲で計画的に借りるようにしましょう。

万一、借金が返せなくなってしまった場合は、債務整理をして借金を減額または免除としてもらう方法もありますので、セーフティーネットとして覚えておくとよいでしょう。

まとめ

良い借金とは、住宅ローンや自動車ローン、資格取得のための借金など、自分の将来のために意味のある借金のことです。

逆に、悪い借金とはギャンブルや浪費のための借金、返せる見込みのない借金など、将来にとって意味のない借金のことをいいます。

借金をするときは自分の返済能力を考えて借りる金額を決めることが大切ですが、万一返済できなくなってしまった場合は債務整理をすることで借金を減額してもらえます。