借金解決図鑑

夫が自己破産することで妻に及ぶ影響とは?

夫が自己破産することになったという人は、自己破産によって妻にどんな影響が及ぶのか気になると思います。
夫が自己破産しても基本的には妻の財産に影響は出ませんが、妻が夫の借金の保証人になっている場合は、自己破産によって妻に支払いの義務が発生します。
また、夫の財産は処分されることになるため、持ち家や自動車が処分されることで生活に影響が出ることもあります。

夫が自己破産しても妻の財産には関係ない

夫が自己破産したとしても、妻の財産まで処分されるということはありません。
あくまでも、夫の財産は夫のもの、妻の財産は妻のものだからです。
また、自己破産することによって夫は信用情報機関に情報が登録され、ブラックリストと呼ばれる状態になります。
この期間は約5~10年間で、クレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングでの借金、分割払いでモノを買うことなどができなくなります。
しかし、ブラックリストによる制限を受けるのは夫だけなので、妻がブラックリストの制限を受けることはありません。

夫の借金の保証人になっている場合は自己破産で支払義務が発生する

夫の自己破産によって妻に影響が出るのは、妻が夫の借金の保証人になっている場合です。
保証人付きの借金がある人が自己破産をすると、借金の残高はすべて保証人に一括払いで請求されるため、妻が借金の残高を全額一括で支払わなければならないという義務が生じます。
この義務は夫と離婚したとしても消えないので、実際にそうなったら妻も債務整理をしなければならなくなることも多いです。

夫の財産は自己破産で処分される

夫に持ち家があったり、自動車を所有したりしていた場合、自己破産で財産が処分されることによって、家や自動車を手放さなければならなくなります。
夫の名義で所有していた家や自動車は売却処分されてしまうので、家や自動車がなくなることで妻の生活に影響が出ることもあるでしょう。

まとめ

夫が自己破産した場合でも、基本的には妻の財産に影響がでることはありません。
また、自己破産によって夫がブラックリスト状態になっても、妻もブラックリストになるということはありません。
一方、妻が夫の借金の保証人になっていた場合は、自己破産によって妻に一括払いで借金の残高が請求されるので、妻も債務整理をしなければならなくなるケースも多いです。
また、その支払義務は離婚しても消えないので注意してください。
夫が家や自動車を所有していた場合、自己破産をすると家や自動車は財産として処分されるので、生活に影響が出ることがあります。

西宮で自己破産を検討しているならこちらの弁護士がオススメ