借金解決図鑑

借金の一括返済とは?メリット・やり方・注意点を解説

借金の返済は金銭的にも精神的にも負担になるので、一括返済して借金をなくしてしまいたいと考えている人も少なからずいることでしょう。

ここでは、借金を一括返済するメリットや一括返済の方法、一括返済するときに注意すべきことをまとめていきます。

借金を一括返済するメリットとは?

借金の一括返済とは、利息を含めた借金の残高を全額一気に返済することをいいます。

一括返済すれば借金はなくなるので、気持ちが楽になるという心理的なメリットがあります。

また、借金の一括返済には金銭的なメリットもあります。

そのまま借金を返済し続けた場合に発生する利息を支払わなくてよくなるため、返済総額を小さく抑えることができるのです。

借金を一括返済する方法

銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融のキャッシングなどでの借金を一括返済する場合は、まず借入先の会社に電話で問い合わせをして一括返済のための返済額と返済日を確認する必要があります。

一括返済は銀行振込・ATM・口座引き落とし・窓口での支払いといった方法で受け付けてもらえますが、ATMの場合は硬貨の扱いがないこともありますので注意してください。

また、返済するときは入金に手数料がかかることもあるため、お金は少し余分に持っておきましょう。

もし完済証明書が必要な場合は、借入先に電話をかけるなどして発行を依頼してください。

借金を一括返済するときの注意点

借金を一括返済するときは、家計に余裕があるタイミングを選びましょう。

ボーナスが入ったときや宝くじに当たったときなど、臨時収入があったときなどもオススメです。

病気やケガなどで急にお金が必要になることもありますので、手元にある程度のお金が残るようにしたほうがいいです。

また、一括返済で借金を完済しても、解約扱いにはなりません。

住宅ローンなどの審査で不利になる可能性もありますので、必要な場合は解約の手続きを忘れずにしておきましょう。

まとめ

借金を一括返済すると、借金がなくなるという心理的なメリットに加えて、利息を支払わなくてよくなるという金銭的なメリットも得られます。

借金を一括返済するときは、まず借入先に電話で連絡して返済額や返済日を確認しておきましょう。

借入先が指定する方法で入金すれば、一括返済は完了です。

借金を一括返済するときは、家計に余裕があるタイミングを選んでください。

なお、一括返済しただけでは解約扱いにならないので、住宅ローンの審査を受ける予定がある人は解約の手続きもする必要があります。