借金解決図鑑

借金がいくらあるかわからないときの調べ方とは?

たくさんの会社から借金がある人や、借金をしてから何年も経っている人など、自分に今借金がいくらあるかわからないという人は少なからずいます。

ここでは、借金がいくらあるか知るための簡単な調べ方を紹介していきます。

借金がいくらあるかわからないときは信用情報機関に問い合わせよう

借金の情報が書かれているものとしては、取引明細書や契約書などがありますが、失くしてしまうと今抱えている借金がいくらあるのかわからなくなってしまいますよね。

弁護士や司法書士に債務整理の相談をする場合でも、どこの会社からいくら借りたのかがわからないと手続きがスムーズに進まなくなってしまう可能性もあります。

そんなときは、「信用情報機関」に信用情報の開示請求をするのがおすすめです。

信用情報機関とは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している機関で、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを確認するために、借金の状況やクレジットカードの利用状況などの「信用情報」とよばれる情報を集めています。

信用情報機関に問い合わせて信用情報の開示請求をすれば、あなたに今借金がいくらあるかを正確に知ることができるのです。

信用情報の開示請求をして借金がいくらあるか確認する方法

日本には、JICC、CIC、JBA(KSC)の3種類の信用情報機関があります。

JICCはスマホ・郵送・窓口、CICはスマホ・パソコン・郵送・窓口、JBAは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けていますので、3つの信用情報機関すべてに開示請求を行いましょう。

スマホやパソコンでの信用情報の開示請求は、JICCとCICのウェブサイトから行うことができます。

なお、信用情報の開示請求には500~1000円の手数料がかかります。

また、大手でない消費者金融は信用情報機関に加盟していないことがあります。その場合はその消費者金融に直接問い合わせる必要があります。

まとめ

借金がいくらあるかがわからなくなってしまったら、信用情報機関に信用情報の開示請求を行うのがおすすめです。

日本にはJICC、CIC、JBAの3種類の信用情報機関があり、それぞれインターネットや郵送などで信用情報の開示請求を受け付けています。

信用情報の開示請求には500~1000円の手数料が必要ですが、ほとんどすべての会社の借金額を確認することが可能です。