借金解決図鑑

自己破産の前後にお金がない場合はどうしたらいい?

自己破産をしようか考えている人の多くは、家計が苦しくて「お金がない」と感じることも多いでしょう。
自己破産をしようと思っても、自己破産の費用が支払えないかもしれないと心配している人もいるかもしれません。
また、いざ自己破産をしたとなっても、自己破産後にお金がないということになったらどうしようという不安もあると思います。
ここでは、自己破産の前後にお金がない場合の対策を紹介します。

自己破産するためのお金がない場合は法テラスを利用しよう

自己破産をするには、弁護士費用として20万円~40万円程度のお金がかかるのに加えて、裁判所に支払う予納金も必要となります。
そのため、「自己破産をしたいけどお金がないから無理だ」と思ってしまう人は少なくありません。
しかし、国の公式な機関である「法テラス」を利用すれば、自己破産の費用を割安で立て替えてもらうことが可能です。
法テラスとは正式名称を「日本司法支援センター」といい、お金がない人に法的な支援を行っています。
法テラスでは、目安として月収18万円以下、所持している財産が180万円以下(1人暮らしの場合)の人を対象として、自己破産の費用の立て替えを行っています。

自己破産後にお金がない場合は中小の消費者金融を当たるのも手

無事に自己破産ができたとしても、自己破産後は信用情報機関に情報が登録されてブラックリストに載るため、新規で借金をするのは難しくなります。
自己破産後にお金がないという状況になったとしても、大手の銀行・クレジットカード会社・消費者金融では審査に落とされてしまうのです。
一方、ヤミ金と呼ばれる非正規の業者からお金を借りてしまうと、違法な取り立てや法外な利息の被害に遭ってしまいます。
それを避けてお金を借りるには、フタバやフクホーなどの中小消費者金融を利用してみるのがよいでしょう。
中小の消費者金融は大手と違って対面式の審査を行い、自己破産の事情や現在の家計の状況などを聞いてきます。
その審査に通れば、自己破産後であってもお金を借りることができるのです。

まとめ

自己破産をするためには弁護士費用や裁判所の費用を支払わなければなりませんが、お金がない人の場合は「法テラス」を利用することで、自己破産の費用を割安で立て替えてもらうことができます。
また、自己破産後にお金がないという状況になった場合、大手の会社では審査に落ちるのでお金を借りることができませんが、中小消費者金融であれば審査に通る可能性があります。